世の人々に問う

世の中への疑問、不満、提言を本音で語る。より良い世界にするために、言いたいことは言わせてもらう。

子供を産むことは善か悪か その2



子供を産むことは善か悪か その2

▼出産肯定派と出産否定派の派閥は以下の通りである。

派閥 出産肯定過激派 出産肯定穏健派 出産否定穏健派 出産否定過激派
出産観 子を作るのは当然。辛いことも乗り越えられるよう教育すれば良い。 子の幸せを保証できるなら出産しても良い。親として相応しい人のみ子作りすべき。 一部の優秀な遺伝子を持った人や裕福な人などに限って子作りすることは否定しないが、原則として子作りすべきではない。 子が不幸になる可能性が1%でもある限り、子を産むべきではない。
人類史観 子孫繁栄こそ人類の使命。 人類社会維持のためには、ある程度の出産は必要。 出産数を減らし、人類社会は緩やかに縮小していくべき。 最終的に人類が滅亡することが、不幸な人を減らす唯一の手段。
経済的視点 ①資産や収入に関係なく子作りしても良い。
②貧困が原因で、稼ぎ頭や介護要員として子作りせざるを得ない。
子を最低限高校に行かせるまで養える力があるならば、子作りしても良い。 子を一生養えるほどの資産が無い限り、子作りすべきでない。 大富豪の子でも不幸になる可能性があるのだから、子作りすべきでない。
人生観 ①人生最高。子供にもこの幸せを分けてあげたい。
②人生最高とは言えないが、自分の幸福追求のために子作りする。
人生には辛いこともあるが、楽しいこともある。だから子作りしても良いのではないか。 人生には楽しいこともあるが、辛いこともある。だから子作りしない方が良いのではないか。 辛いことが多い人生だが生まれてしまったものは仕方がない。できる限り楽しもう。でも子は絶対に作らない。

「子供を産むことは善か悪か その1」へ戻る。

「子供を産むことは善か悪か その3」へ進む。