世の人々に問う

世の中への疑問、不満、提言を本音で語る。より良い世界にするために、言いたいことは言わせてもらう。

冷房をつけない車掌は乗客を苦しませている



冷房をつけない車掌は乗客を苦しませている

電車内の風紀を乱しているのは、何も乗客だけではない。
車内がサウナのように蒸し暑いのに冷房をつけない車掌は、朝から人々を不幸にしている。
ものすごく暑い日に冷房をつけないのは論外として、少し暑い(暖かい)日に冷房をつけない車掌には困ったものだ。
まず、電車に乗る人は道を歩いて階段を上り下りした状態で乗車するので、体がある程度温まっている。
更に、その人たちが同じ車内に乗り込むと、車内の温度や湿度は上がる。
しかし、不幸なことに外気や車掌室はとんでもなく暑いわけでも蒸しているわけでもない。
その結果、車掌は車内の状況を把握できず、無風、よくて送風で済ませようとし、車内がミストサウナになってしまうのである。
この現象は春、秋に起こりやすく、夏の方が車内が快適という逆転現象が起こっている日も多々ある。
外が肌寒くなってきたら送風でも良いのだが、外が人にとってちょうど良い温度以上の時は、できるだけ冷房をつけていただきたい。
心より、お願い申し上げる。