人生に役立つ映画 データベース

現在、当サイトは大幅改修中です。2017年12月31日に完成予定です。

アニメーション映画

千と千尋の神隠し (2001)
トイ・ストーリー3 (2010)
ドラえもん のび太のひみつ道具博物館 (2013)
ドラえもん のび太と鉄人兵団 (1986)
ドラえもん のび太と夢幻三剣士 (1994)
クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲 (2001)
名探偵コナン 瞳の中の暗殺者 (2000)

【千と千尋の神隠し】
(Spirited Away)
(2001/日本)
(人間としての生き方を考える)
[仕事,処世術,禁欲]

予告編 (YouTube)

両親と共に引越し先の町に向かっていた千尋は、トンネルの中の世界に迷い込む。そこで出会う数々の人と経験によって彼女は生きる方法を見つけ出す。

【トイ・ストーリー3】
(Toy Story 3)
(2010/アメリカ)
(不可能と感じても、手段は必ずある)
[友情,脱獄]

予告編 (YouTube)

アンディが持っていたおもちゃの人形が手違いで近所の保育園に運ばれた。そこでは他のおもちゃの人形の独裁政権が繰り広げられていた。果たして彼らはどうやってそこから逃げ出すのか。

【ドラえもん のび太のひみつ道具博物館】
(Doraemon: Nobita's Secret Gadget Museum)
(2013/日本)
(取り柄のない人間なんていない)
[人の長所,取り柄,推理]

予告編 (YouTube)

怪盗DXと名乗る人物に首の鈴を盗まれたドラえもん。その鈴を探す手がかりを見つけるため、ドラえもんたちは22世紀のひみつ道具博物館を訪れる。

【ドラえもん のび太と鉄人兵団】
(Doraemon: Nobita and the Steel Troops)
(1986/日本)
(優しさは、強さだ)
[自己犠牲,優しさ,戦争]

予告編 (YouTube)

ロボットが暮らす惑星メカトピアから地球侵略にやってきた鉄人兵団を、ドラえもんたちが迎え撃つ。戦いの中にも人間の優しさが描かれており、争いが無くならないこの世界を良くするための根源的な考え方がそこに見出せる。

【ドラえもん のび太と夢幻三剣士】
(Doraemon: Nobita's Three Visionary Swordsmen)
(1994/日本)
(一番がひとつあればいい)
[自分の長所を生かす,優しさ,勇気]

予告編 (YouTube)

現実世界でうまくいかないのび太は、ドラえもんの道具で夢世界に逃げ込む。
人にはそれぞれ違った長所があり、役目もある。だから誰かと競争したり、劣等感を感じるのではなく、自分自身の生き方を見つけることが大切なのではないか、そういう示唆に富んだ作品です。

【クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲】
(Crayon Shin-chan: The Storm Called: The Adult Empire Strikes Back)
(2001/日本)
(過去ではなく、未来のために今を生きる)
[懐古,昭和,未来志向]

予告編 (YouTube)

ノスタルジーに浸りたい夫婦が昭和の世界を復元し、現代世界に生きる大人たちを洗脳して、その住民とする。過去への哀愁を懐かしむ大人たちに対し、未来に向かって生きる子供たちは、自分達の親の洗脳を解くために立ち上がる。

【名探偵コナン 瞳の中の暗殺者】
(Case Closed: Captured in Her Eyes)
(2000/日本)
(愛は、何を守れるか)
[推理,恋愛]

予告編 (YouTube)

佐藤刑事が銃で撃たれた現場に偶然居合わせた蘭。彼女はその時のショックから記憶喪失となる。犯人は蘭が自分の姿を見たと考え、蘭の命を奪おうとする。果たして新一は蘭を守れるのか。