Large Stone

仕事について学べる映画

舟を編む(2013)
陽はまた昇る(2002)
インターンシップ(2013)
プラダを着た悪魔(2006)
エリン・ブロコビッチ(2000)
マネーボール(2011)
ミス・ポター(1954)


舟を編む
(The Great Passage)
(2013/日本)

出版社に入社し営業担当になった馬締光也(まじめみつや)は、その真面目過ぎる性格から営業の成績を全く上げることができませんでした。そんな中で、同社の辞書編纂部からお誘いの声がかかります。大学院で言語学を専攻していた光也は、辞書編纂の仕事を通じて自分の居場所を見つけていきます。この作品は、仕事を選ぶにあたっての向き不向きや適材適所といったことを考えるキッカケとなります。


陽はまた昇る
(2002/日本)

高度経済成長期の日本のビデオ業界における、ソニーと日本ビクターのビデオ規格争いを巡る企業間競争を描いた作品です。この作品では、VHS形式を広めようと苦心した日本ビクターの社員の奮闘と諦めないことの大切さを知ることができます。


インターンシップ
(The Internship)
(2013/アメリカ)

時計販売店の倒産に伴い会社をリストラされたビリーとニック。2人は転職先を探している時に目にしたGoogleのインターンシップに応募し、少ない正社員枠を巡って同じチームになった学生たちと共に闘いますが、彼らが最も大切にしたことは、チームワークと相手の利益を最優先に考える心でした。



ミス・ポター
(Miss Potter)
(2006/イギリス)

ビアトリクス・ポターは作家として自分の作品を出版社に提出する日々を送っていましたが、どの出版社もポターの「うさぎの物語」を認めてはくれませんでした。しかし、諦めずに自分の信念を貫くポターに対して、ある出版社がポターの作品を出版するという話になります。この作品は、『ピーターラビットのおはなし』の作家がいかにして成功したかを描いた実話に基づく物語です。


プラダを着た悪魔
(The Devil Wears Prada)
(2006/アメリカ)

ジャーナリスト志望の主人公が、ブラック企業という名にふさわしい会社の悪魔のような上司の下で働く姿を描いた作品です。ヒロインがひたむきに頑張る姿は多くの女性から指示を受け、世界的に人気な作品となりました。


エリン・ブロコビッチ
(Erin Brockovich)
(2000/アメリカ)

預金16ドル、離婚2回、子供が3人いる独身女性が弁護士事務所で働き始め、巨大企業相手に史上最大級の集団訴訟を起こすアメリカの実話を基にした物語です。


マネーボール
(Moneyball)
(2011/アメリカ)

メジャーリーグの貧乏球団の選手構成を担当するビリー・ジーンは、統計学的手法で野球を新たな見地から見直し、お金をかけなくても強豪に勝てるチーム編成に取り組みます。弱者が強者に勝つための思考錯誤の過程が描かれた、アメリカのMLB(プロ野球)における実話に基づく物語です。


ソーシャル・ネットワーク
(The Social Network)
(2010/アメリカ)

Facebook設立の歴史を創設者マーク・ザッカーバーグのハーバード大学時代まで遡ります。Facebookが世界的SNSになった背景と起業家の暮らしを知ることができます。



©Large Stone 2018
Powered by w3.css