Large Stone

【英語の雑学】anotherとotherの意味の違いと使い方

2020.06.07 更新

"another" "other" には「他の」という漠然としたイメージがある。

ここでは、それぞれの言葉が持つ意味と使い方を整理したい。

【another】
①「(1つ)追加で」の意味
Would you like another cup of tea?
(お茶をもう1杯追加でいかがですか?)

②「さらに」の意味
We've still got another 5 miles to walk.
(まださらに5マイルも歩かないといけねぇ。)
→"another"の次に数字や"few"が来る場合、その次の単語を複数形にする事が可能。

③「別の(1つの物(者))」「違う(1つの物(者))」の意味
Let's go there another time.
(また別の機会に行こうね。)
I don't like this. I'm going to ask for another.
(これは好きじゃないな。違うのを(いくつかある中からどれか)1つ頼んでみるよ。)
×○○○○●○○

【other】
①物や人が2つ(2人)だけ存在する時に、2番目に言及する物(者)を指す。
I don't like this. I'll get the other.
(これは好きじゃないな。もう一つの方を買うよ。)
×●

②既に言及された物や人以外で、新たに言及する複数の物(者)を指す。
I don't like this. I want to see others.
(これは好きじゃないな。他のもいくつか見たいね。)
×●●●○○○○

③まだ言及されていない複数の物(者)全てを指す。
I don't like them. I want to see the others.
(これらも好きじゃないや。(もう面倒だから)全部見たいよ!)
××××●●●●

④「反対側の」の意味
The grass is always greener on the other side of the fence.
((我が家から見て)塀の反対側(向こう側)の芝生は、たいてい、より緑が映えているものだ。=隣の芝生は青く見える。)

広告

©Large Stone 2020
Powered by w3.css