Large Stone

【英語の雑学】"an"は「発音」が母音で始まる単語の前に使う。

2020.05.18 更新
英語で1つのものを表す時に使う"a"。

<例> a car(1台の車)

この"a"が"an"になる時のルールとして「次に続く単語が母音から始まる時」ということを習ったことと思います。

<例> an apple(りんご1個)

しかし、厳密に言えば「次に続く単語の"発音"が母音から始まる時」なのです。

したがって「次に続く単語の発音が子音の時」は、"a"を使用します。

例えば、"university"(大学)は、"u"から始まるのですが、その発音は「ユニバーシティ」ですので、"a university"となります。

発音が「あいうえお」の母音でなく「ゆ」から始まるからです。

逆の例として"an hour"(1時間)があります。

この場合、"hour"は"h"から始まる単語ですが、"hour"の"h"は発音されない文字なので、"hour"の発音は「アワー」となります。

この時は、発音が母音「あ」から始まっているため、"an hour"(1時間)となるわけです。

また、"U.S. citizen"(アメリカ国民)のような場合、発音が「ユーエス シティズン」で「ユ」から始まるので、"a U.S. citizen"となります。

広告

©Large Stone 2020
Powered by w3.css