人は子を産むべきか?反出生主義から人生を考える

反出生主義の立場から出産を考えることで、生とは何かを見つめ直す。

Antinatalism

人は子を産むべきか?
反出生主義から人生を考える


"Antinatalism" = 「反出生主義」という考え方がある。
文字通り「人は子作りすべきではない」という意味だ。
なぜ、そのような概念が生まれるのか。
そして、その考え方は妥当なのか。
一般的に「人は子作りすべき」と考える人が95%以上を占めるのがこの世界であるから、このサイトでは、徹底的に反出生主義の立場から出産を考えることで、人生とは何かを見つめ直す。