Large Stone

新卒で大手企業に入れなくても普通に生きていけるから生きろ。

2020.01.06 更新

「新卒カード」

就職するにあたっては、確かに選択肢の幅が広いカードだ。

既卒では応募できない職種や条件はどうしても存在する。

そのせいか、「新卒で大手企業に入れなかったら人生終わり」みたいな根拠の無い言葉が独り歩きしている。

ちょっと待て!と声を大にして言いたい。

全然終わりじゃないから!

むしろ、そっちの方が人によっては幸せな人生になりますから!


まず、大手企業に入ったから楽になれるとは限りません。

大手企業の仕事はレベルが高く、難しいことが多いです。

給料や福利厚生が良いのは、それだけ付加価値の高い仕事をしているからです。

下請け会社に業務を委託して自分達が楽な思いをしていることもありますが、最終的な責任の所在は大手企業側にあることが多いので、結局のところ責任は重くなります。

また、大手企業には優秀な人が集まるため、周囲があまりにもできる人たちばかりで自信喪失してしまうことも少なくありません。

口が達者で頭の回転が速く、妙に礼儀を知っていて、飲み会が大好きで、上司に媚びるのが上手くて、欠点も無いような奴がたくさんいます。


だからといって中小企業狙いにすべきか、と問われれば、そういうことではないと思います。

そういう観点ではなく、純粋に自分に合った会社に入ることをおすすめします。

「自分に合った会社」とは次のようなものです。


①仕事が自分の興味のある分野や得意分野であり、業務に関する勉強や残業が苦ではない。

②それほど努力せず、80%ほどの力で日々の業務を成し遂げられる。

③同僚と自分のレベルに大きな差が無い。


人によっては、それがデスクワークではなく肉体労働であったり、正社員ではなくフリーターという形になるかもしれません。

それでも、背伸びして死ぬほど辛い思いをして毎日を過ごすくらいなら、自分に合った会社で働き、節約、貯金、投資、副業で生計を立てていくのが、一番の幸せだと思います。


©Large Stone 2020
Powered by w3.css